協同組合 山梨県 流通センター 展示場/イベント会場/貸し会議室等お気軽にお問い合わせ下さい。

〒409-3845 山梨県中央市流通団地2-6-1 電話:055-273-4711

定例懇談会が開かれる

 

 定例懇談会が2020年2月14日に開かれ組合員32人が出席した。講師は、当組合顧問社会保険労務士 雨宮隆浩氏と住友生命保険(相)法人総括部 上席部長代理 健康マスター 早川琢磨氏をお招きした。

 雨宮氏は、2020年4月からの『働き方改革に伴う法改正』について「時間外労働の上限規制」、「年次有給休暇の時期指定」、「同一労働同一賃金」の説明を行った。この法律に違反しないために、各社で行わなければならないことは、徹底した労働者管理が必要だという。しかし、人間の手で管理を行うことは難しいため、働き改革に合ったシステムを導入したり、早めの相談・対策を行うことが大切だと語った。

 つづいて早川氏は、『健康増進セミナー』について講演を行った。健康の価値とは、趣味や生きがい、家族・友人の関係を大切にできることだという。では、健康でいられるように、どのようなことを行うべきかについて、早川氏は「塩分と『食』生活」、「今日から始める運動」について触れた。塩分の取りすぎは、動脈硬化などの重大なリスクを引き起こすため、世界では、塩分の接種目標を5gと定めている。しかし、日本人の平均塩分摂取量は約10gと世界基準の倍の量をとっているため、醤油のボトルをスプレータイプのものに変えたり、お味噌汁の具材を多くしたりすることで、塩分の摂取量を減らすことができるという。あわせて、運動不足の方に対し、自分なりの目標を設定し、達成後のご褒美を用意することで運動を習慣化しやすくなると提案をいただき、締めくくられた。

今後のスケジュール

  • 06.06 フォークリフト運転技能科講習(6/6,7,13,14,)
  • 06.09 正副理事長会議

組合ニュース一覧(PDF)

ウェザーニュース