協同組合 山梨県 流通センター 展示場/イベント会場/貸し会議室等お気軽にお問い合わせ下さい。

〒409-3845 山梨県中央市流通団地2-6-1 電話:055-273-4711

インフォメーション

    団地内賃貸物件情報を更新しました [2019年1月9日]

    平成31年1月9日現在、次の物件が空いています。

    ※土地、建物の面積については概況となりますので、現地ご確認の上、現況優先となります。

     

    1 組合所有物件(賃貸)

    建物の構造  鉄骨造陸屋根平屋建て

    種   類   事務所・倉庫

    土地の面積   493.15㎡(149.17坪)

    床 面 積   257.84㎡(78.00坪)

    住   所   山梨県中央市山之神流通団地2-7-3

    駐 車 場   14台 駐車場有り

    賃 貸 料   応相談

    こちらをクリックすると詳細をPDFにてご覧いただけます。

     

    2 組合所有物件(賃貸)

    建物の構造  鉄骨造陸屋根平屋建て

    種   類   倉庫

    床 面 積   約30坪

    住   所   山梨県中央市山之神流通団地2-5-2

    駐 車 場   共同契約駐車場有り

    賃 貸 料   応相談

    そ の 他   共同賃貸物件の一部、フォークリフト可、シャッターあり、入居可能日条件あり


    こちらをクリックすると詳細をPDFにてご覧いただけます。

     

    3 組合所有物件(賃貸)

    建物の構造  鉄骨造陸屋根平屋建て

    種   類   事務所

    床 面 積   52.10㎡(約15.76坪)

    住   所   山梨県中央市山之神流通団地2-5-2

    駐 車 場   共同契約駐車場有り

    賃 貸 料   応相談

    そ の 他   共同賃貸物件の一部、給湯室、トイレは他の利用者と共同利用


    こちらをクリックすると詳細をPDFにてご覧いただけます。

     

    2018年社員交流会を開催します [2018年11月12日]

    山梨県流通センターで働く従業員の皆様を対象とした、交流会を実施致します。

    是非ご参加下さい。
    場所 山梨グランドホテル
    日程 平成30年12月5日(水)
    時間 18:30受付 19:00開始
    申込み方法 事務局までお願いします。
    事務局連絡先 055-273-4711

    インフルエンザ予防接種が行われる [2018年11月7日]

    インフルエンザの流行に備えて、11月1日(木)、6日(火)、7日(水)の3日間、流通会館で組合員・準組合員企業の従業員とその家族を対象にインフルエンザ予防接種を行った。

    今年度の接種人数は466人で、昨年度の392人を大きく超える申し込みがあった。

    また今年は、日中忙しい方のために他会場に夜の部を設けた。

    定例懇談会開かれる [2018年11月1日]

       11月定例懇談会が11月1日、防犯カメラ・ライブカメラ完成記念講演会として、流通会館2階大会議室で開かれた。

       組合が防犯カメラを設置したのは、平成24年だったが、老朽化したため、BCP対策としてWi-Fi利用のもの64基に取り換え、合わせてライブカメラ2基を設置した。

       組合員・準組合員約50人が参加し、会場内のスクリーンには、防犯カメラから送られている団地内道路、駐車場、流通会館内の映像が終始流れる中での講演会となった。

    講師は、山梨県警察本部 生活安全部 調査官 河野昭彦氏で、テーマは「犯罪抑止対策について」である。講演に先立って、管内の南甲府警察署 生活安全 課長 伊藤修一氏から、管内情勢についての説明があり、講演に入った。

       河野調査官の講演内容は①見守り力の強化は、防犯パトロールから②防犯カメラは、犯罪抑止に効果あり(山梨県流通センターの実例)③家庭における防犯対策は鍵かけの徹底(二重ロック)④電話詐欺、還付金詐欺の防止対策⑤子どもと女性を対象とした犯罪防止対策⑥サイバーセキュリティの重要性⑦県内暴力団情勢と3ない運動+1⑧防犯CSR活動と事例について⑨県少年サポートネット推進事業など、警察の幅広い活動についてであった。

       報道機関も入り、県民に当組合の取り組みが紹介されることとなり、有意義な講演会となった

    平成30年度ソフトボール大会 結果発表 日工山梨グループ三連覇!! [2018年10月22日]

    2018年度ソフトボール大会結果を印刷する場合はこちらをクリックして下さい。

    優勝した日医工山梨グループ

    準優勝 Bambi’s

    10月21日(日)、平成30年度流通センターソフトボール大会が釜無川スポーツグラウンドで行われた。
    参加チームは12チームで4グループに分けてリーグ戦を行い、勝ち残った4チームが準優勝、決勝へ進んだ。

    勝ち上がったのは、マコト医科精機(株)、(株)日医工山梨グループ、Bambi’s((株)スズケン)、チームマルモの4チーム。

    決勝戦は、27年度、28年度優勝の(株)日医工山梨グループとBambi’sの戦いになり、17対8で(株)日医工山梨グループが3回目3年連続優勝を果たした。
    2位はBambi’s、3位はチームマルモ、4位はマコト医科精機(株)という結果であった。

    理事・役員視察研修が行われる [2018年10月20日]

     理事・役員視察研修会が、栗山理事長を始め理事・事務局員合わせて9人が、10月18日~20日の2泊3日で、三重県津市にある協同組合津卸商業センターを視察した。

     津卸商業センターからは、宮木理事長、稲森専務理事、中津係長に対応していただいた。津は規模的には、面積、組合員数とも当組合より小規模だが、団地開設は昭和47年11月と当組合より約5年古く、老朽化対策等、当組合とも共通の課題を抱えている。

     団地の特徴としては、約8割が連棟建物群で構成されているため、建替、修繕等も困難であり、建物及び構築物の老朽化も激しく、会員各社から建替え需要も出ている。立地条件も、伊勢湾に近いため、30年以内に発生が予想されている南海トラフ地震による津波や液状化現象への対応が、BCP対策としてもせまられている。

     宮木理事長は上記の課題解決のために、卸団地機能向上支援事業の補助金も活用しながら、平成23年度から団地再整備事業に取り組んでおり、再整備のモデルケースをいくつか作成し、検討を進めているとした。

     組合員のニーズを収集し、可能な限り組合員の意向に即した提案を実施するために、子会社を平成29年6月に設立し、損害保険事業及び事務代行・業務受託事業を実施し、組合員の利便性向上を図っている。

     質疑応答も含め2時間以上情報交換したあと、団地内にある連棟建物群や空き地などを案内してもらい、視察は無事終了した。

    AEDが2台となる [2018年10月1日]

      流通会館の事務局内に設置のAEDは、耐用年数が切れたため、新規に購入することとしたが、新たに夜間及び事務局が休みのときに、組合員の従業員や来客者への緊急対応も可能となるように、警備室入り口奥にも新しく2台目を設置した。
      警備室入り口奥に設置のAEDには、子供用のパッドも備え付けられているので、会館利用者等に子どもがいた場合には、対応がスムーズとなる。
      緊急時には、持出し可能ですのでご連絡ください。

    社員研修会が開催される [2018年9月27日]

      9月27日(木)、中央市商工会・当組合共催の社員研修会「営業マンが苦手な相手を得意に変える!営業キーパーソン攻略術」が、流通会館で開かれ、39人が参加した。 講師はZACCES Consulting(株)代表取締役・鬼頭秀彰氏。
     鬼頭氏は「営業マンが付き合うべきは、決定権のあるキーパーソンである」と述べた上で、「まずは性格を見極めることの大切さ」を強調した。
     鬼頭講師は、アメリカの心理学者エリック・バーン博士が創始した『交流分析』という人間関係の心理学理論に基づいて作られた性格診断テスト『エゴグラム』を活用して講義を進めた。参加者は自分にとってのキーパーソンにあたる人物を分析し、アプローチ方法を探った。
     そのほかにも手紙を使った切り出し方や、プロファイリングシートの活用など参加者にとって役立つ研修会となった。

    平成30年度ソフトボール大会組合せ決定【開催日 平成30年10月21日(日)】  [2018年9月26日]



    2018年度ソフトボール大会組合せを印刷する場合はこちらをクリックして下さい。

    第19回センターでバザールが開かれる [2018年9月1日]

     第19回「センターでバザール」が、9月1日(土)に流通会館で開かれた。当日は朝のうち雨に見舞われたが、オープン直前には上がり、日中も暑すぎず寒すぎずの快適なイベント日和となった。
    例年通り、物販会場となった展示場前入り口には、開始時間前から多くの人々が長い待機列をつくり、開扉と同時に屋内販売15社が提供する格安商品に群がり、徳用品を両手いっぱいに抱える人もいた。
    イベント会場では、海外旅行やテーマパークペアチケットをはじめとした豪華な景品が当たる大ビンゴ大会や○×クイズが催され、多くの参加者で盛り上がった。また、ミリラニアロハによる優雅なフラダンスは、ステージに華を添えた。

    流通会館東側道路にはパトカー、消防車、救急車、クレーン車など働く車が勢ぞろいし、子どもたちは乗車体験をしたり、憧れの制服を着たりして、笑顔で楽しんでいた。
    流通会館前駐車場には、今年も30店舗近くの屋台が出店した。元気な呼び込みとおいしそうな匂いに来場者は列をなし、どこも大いににぎわった。
    団地内企業・従業員提供によるバザーブースも、例年と同じく人気を呼び、完売となった。バザーブースでの売り上げ107,238円は全て「赤い羽根共同募金」へ寄付し、10月2日には当組合応接室で贈呈式が開かれた。
    ご協力ありがとうございました。

    第一回BCP対策チーム会議が開かれる [2018年8月22日]

     第1回BCP対策チーム会議が8月22日(水)に開かれた。  当組合は平成28年度に組合BCPマニュアルを作成し、平成29年度には、早くからBCPに取り組んでいる小田原卸商業団地(協)を視察し、当組合が今後検討しなければならない項目として、団地内の防災訓練の実施方法、防災機器の点検方法、防災対策組織(訓練・点検)の設置等が挙げられ、災害に備える必要があることが認識された。  このため、平成30年度は、BCP対策チームを設立し、事業を推進することした。
    チームのリーダーを総務委員会委員長の細田 俊氏とし、委員長の下に防災機器担当、防災訓練・組織担当を設置している。
     第1回の会議では、組合が平成28、29年度に取り組んできた防災対策、防災機器の説明があり、今後の予定としての熊谷流通センターの防災訓練(11月13日)の見学や総合防災訓練の日程について、話し合いが行われた。
     なお、組合の総合防災訓練は、11月22日に行われることになり、70人以上の参加が予定された。

    納涼懇親会が開かれる [2018年7月28日]


      
     平成30年度の納涼懇親会が7月27日甲府富士屋ホテルで開かれた。今年度も多くの来賓を招き、組合員、準組合員、事務局含めて72人が出席し、終始にぎやかな会となった。今年は山梨県産のぶどうの品種をテーブル名とし、「甲斐路」のほか8卓が並んだ。
     開会にあたり栗山理事長があいさつし、防犯カメラの運用、防災、これからの組合について話された。来賓を代表して佐野宏山梨県産業労働部長と田中久雄中央市長から祝辞をいただき、乾杯の発声を山梨県中小企業団体中央会細田幸次会長からいただいた。出席者たちはおいしい料理と旨い酒を楽しみながら歓談し、懇親をさらに深めた。

    集団健康診断が行われる [2018年7月27日]

      7月23日~27日までの5日間、流通会館で集団健康診断が実施され、44社から732人が受診した。

      今年度から新たに、採取した血液から検査可能なC型肝炎抗体検査とB型肝炎抗体検査を追加し、希望者を募った。

      自身の健康と向き合うために多くの従業員が、会場へと足を運んだ。

    第19回センターでバザールを開催します!【平成30年9月1日(土)開催】 [2018年7月17日]

     

    ◎年に一度の問屋市!「センターでバザール」を次の通り開催いたします。

    開催日時  9月1日(土)9:00~16:00

    開催場所  協同組合山梨県流通センター流通会館

          (〒409-3845 山梨県中央市山之神流通団地2-6-1)

    問い合わせ 055-273-4711

     

    ◎イベントのタイムスケジュール

     8:45  市立田富第二保育園児によるマーチングバンド演奏

     9:00  バザール開始

     9:15  田富中学校吹奏楽部演奏

    10:20  第1回サイコロゲーム ※1

    10:50  Mililanialoha(ミリラニアロハ)フラダンス

    11:20  第2回サイコロゲーム ※1

    12:00  〇×クイズ

    12:30  第1回目チラシ持参抽選会 ※2

    14:00  大ビンゴ大会

    15:00  第2回目チラシ持参抽選会 ※2

    16:00  バザール終了

    ※1 サイコロゲームの参加には10:00配布予定の整理券が必要です。

    参加人数に制限がありますので、ご注意ください。

    ※2 チラシ持参抽選会参加には、本部テントでの事前受付が必要です。

    ※3 働く車(クレーン車、パトカー、救急車、消防車)が大集合します。

    当日は組合員企業・他による靴、菓子、パン、傘、子供服、キッチンツール、バッグ、ネクタイ、和小物、インテリア用品等の販売に加え、飲食ブースも多数用意してあります。

    皆様のご来場をお待ちしております。

     


    ↓↓第19回センターでバザールのチラシはこちらをクリックして下さい↓↓

    ※こちらのチラシを印刷して、本部受付に持参し、抽選受付をされた方の中から抽選でプレゼントを差し上げます。
    抽選のお申し込みは1名様1枚までとさせていただきます。ご了承ください。

    ボウリング大会が行われる [2018年7月12日]

     今年で第22回目を迎えた流通センターボウリング大会は6月12、15、21、27日の4日間予選大会、7月12日決勝大会が、甲斐市の大統スターレーン双葉で行われた。参加チーム数は19社、60チームとほぼ例年どおり。7月12日の決勝大会には、16社23チームが進出した。

     今年は、むろいAが昨年度に続き、2連覇を達成した。

     準優勝は国分首都圏Aで、3位はマルモAとなった。

     個人の部の優勝は、渡辺一徳さん(国分首都圏A)が久しぶりに獲得した。

    定例懇談会が開かれる [2018年6月21日]

      

      定例懇談会が6月21日に開かれ、組合員32人が出席した。講師は、全国健康保険協会山梨支部 企画総務部 保健グループ 北嶋英子グループ長。テーマは「経営者が気をつけねばいけない従業員の健康管理について」。

      なぜ、いま従業員の健康づくりが必要なのかについて、北嶋講師は①少子高齢化による労働者の減少、②生活習慣病の増加などによる医療費の増大、③メンタルヘルス不調者の増加があり、従業員の労働力の維持・確保のためには従業員の健康づくりを進めることが重要とした。

      日常的に、血圧の高い方や、血糖値が200を超える方が働いている事業所も散見されるが、従業員の健康は会社の財産であるので、経営者が健康の保持・増進に取り組む経営スタイル「健康経営」がいま、注目されていると強調した。

      協会けんぽ47支部間で平成30年度から5つの項目の取組結果が保険料率に反映されるインセンティブ制度(報奨金)導入されたことの説明もあり、特に山梨県支部管内ではジェネリック医薬品使用割合が全国で46位と下から2番目の低さであり、ジェネリック医薬品の使用に努めてほしいとの要請もあった。 

    前期フォークリフト運転技能講習会が開かれる [2018年6月10日]

      前期フォークリフト運転技能講習会が平成30年6月2日、3日、9日、10日の4日間、湯村自動車学校で開かれ、6社から11人が参加した。
     需要の高いフォークリフト運転技能講習会は平成27年度から、前期・後期と年二回の実施としている。

    新入社員研修が行われる [2018年4月6日]

      平成30年度新入社員研修が4月5日(木)、6日(金)の2日間、流通会館会議室で開かれ、団地内企業7社から12人が参加した。  開講式で栗山理事長は、「これからの人生の中では、楽しい事、苦しい事、嫌な事、逃げたい事等さまざまな事柄に遭遇すると思うが、人生は苦しい事の連続であり、成長の過程では苦しい時ほど人生は登り坂であると思う。これから色々な困難があると思うが、打ち勝って一生懸命に頑張ってもらいたい。」と話された。

     講師はコミュニケーションアカデミーの鬼塚啓介先生。新入社員たちは身だしなみやお辞儀の仕方、電話応対等のビジネスマナーの基本をはじめ、コンプライアンスや安全衛生、防災・危機管理の基本を学んだ。スピーチやロールプレイング、グループワークを交えた実践的な研修に、受講者からは「人前で発表する緊張感が薄れた」「実践することで身に付いたと思う」との声を聴くことができ、有意義な研修となった。

    平成30年新年互礼会が開かれる [2018年1月9日]

     山梨県流通センター新年互礼会は、平成30年1月9日(火)、流通センター第2展示場で開かれ、組合員・来賓合わせて70人を超える参加があった。

     冒頭、栗山理事長は、昨年の取り組みに触れ、「当組合は組合員企業が安心して事業できる安全・安心な街、企業活動に最適なまちづくり」を目標に掲げ運営を行い、①組合施設の老朽化が著しいインフラ設備の更新を行った②BCPマニュアルの策定を行い、災害時の情報共有・相互扶助が行える仕組みづくり、また、BCP計画に基づいた5年計画の緊急防災用品備蓄の実施を行った③防犯監視カメラの入れ替え、ライブカメラの新設を行った(防犯監視カメラは現在工事中であるが、調整前のライブ映像を懇親会の中でご覧いただいた)④BCPの一環として、できれば組合員のための防災拠点として、あらゆる災害に強い施設の新設を未来検討特別委員会で考えていきたいと述べた。

     栗山理事長は言葉を継いで、全国の先進卸売団地との情報・意見交換を通じて、これからの組合運営の在り方等を学んでいき、そして今後更に発展すべく組合員の理解と協力を求め、更なる結束を呼びかけた。

     来賓として、後藤知事、中央市の萩原副市長、山梨県中小企業団体中央会の細田会長から祝辞をいただいた。来賓紹介ののち、栗山理事長、来賓11人による鏡開きが行われ、新たな年のスタートを祝い合った。

     

    定例懇談会が開かれる [2017年12月11日]

     12月11日(月)午前11時45分から、定例懇談会が流通会館第2展示場で開かれ、組合員31人が出席した。本来ならば、10月23日(月)に定例懇談会が開かれる予定であったが、台風21号の影響で延期となっての開催となった。 講師は、東洋大学経営学部マーケティング学科 菊池宏之教授で、テーマは「卸売経営と卸団地組合を取り巻く環境変化と課題」。卸団地の組合員には興味深い内容の講演会となった。

     菊池教授は、全国卸商業団地協同組合連合会の「卸売業団地機能向上支援事業」にも係っておられ、『「卸商業団地の課題解決策と活性化のための調査研究」ー卸商業団地の明日への発展の条件ー』報告書の中で、活性化策によって魅力ある卸商業団地をいかに形成していくかについて示された、解決策の中で提言されている内容について説明された。次にレジュメに沿って、「流通産業を取り巻く環境の変化」「人生100年時代の老後・働き方・お金の使い方の変化」、「外部環境変化に対応した経営の課題」「米国における卸売業の変革と発展」、「先進事例をも含めた卸売生き残りの課題」について述べられた。

     その後、未来検討特別委員会が開かれ、菊池教授を囲んで意見交換会を行い、委員会が取り組んでいる課題について、先生から貴重な助言をいただいた。

    第7回社員交流会が開かれる [2017年12月8日]

      第7回社員交流会(小林愛直運営委員長)が12月8日(金)、流通会館第1・2展示場で開かれ、104人が参加した。

     今回は有名洋菓子店のスイーツと(株)富士メディカルサービスの美味しい食事、そしてマグロ一本を用意し、その場で解体ショーを行った。マグロの解体ショーが始まると、マグロの周りには多くの人が集まり、30キロのキハダマグロが見事に捌かれていくのに見入っていた。

     LoMAの会と運営委員が企画したイベント「ロシアンゲーム」「スクラッチじゃんけん」「抽選会」は、社員同士の会話のきっかけにもなり、楽しんでいただくことができた。今後も新しい企画を取り入れながら、皆が楽しめるイベントを行っていきたい。

    インフルエンザ予防接種が行われる [2017年11月2日]

      インフルエンザの流行に備えて、11月2日(木)、6日(月)、7日(火)の3日間、組合員・準組合員企業の従業員とその家族を対象にインフルエンザ予防接種を行った。

     今年度で3回目の実施となり、昨年度の申込み人数を大きく超える392人(昨年323人)の申し込みがあった。

     今期はインフルエンザが猛威を振っていて、厚生労働省の2月2日の発表によると、推計患者数は、274万人。しかもA,B型などの複数の型のウイルスが同時流行している。手洗いや、睡眠・休養を充分に取り、人混みに行かないなど気を付けて、対策を取りましょう。

    平成29年度ソフトボール大会組合せ決定【開催日 平成29年10月22日(日)】  [2017年10月4日]



    2017年度ソフトボール大会組合せを印刷する場合はこちらをクリックして下さい。

    中央市商工会・当組合協賛の社員研修会が開かれる [2017年9月28日]

     
      9月28日(木)、中央市商工会・当組合協賛の社員研修会「トップ営業が隠したがる最強の説明力セミナー」が流通会館で開かれ56人が参加した。

     講師は「ちいさな会社」の経営コンサルタント 吉見範一氏。経験豊富な講師の体験談を交えながらの講演に「話す時のポイントや相手のことを聞き出すテクニックを知ることができた」「お客様の気持ちが分かった」「参考になる部分があり、今後の営業に活かしていきたい」との声が寄せられた。教えていただいた「話す速度と音量と声のキーを意識して話す」という基本を忘れずに、今回の講演内容を今後の営業活動に活かしてもらいたい。

    大相撲観戦バスツアーが行われる [2017年9月10日]

      組合の初めての試みとして組合員、準組合員及び従業員とそのご家族を対象にした大相撲観戦バスツアーを9月10日(日)に実施し、6社から13人の参加があった。
     両国国技館での九月場所初日ということで会場はとてもにぎわっており、参加者たちもそれぞれに楽しい思い出になったようだ。大相撲はその後、不祥事が続き大揺れとなっているが、体制の刷新を図り健全な組織としての再生を祈念したい。

    第18回センターでバザールが開かれる [2017年9月2日]

     第18回「センターでバザール」が9月2日(土)午後9時に流通会館、会館前駐車場をメイン会場に開かれた。 会館内の物販コーナーには衣料品、靴、バッグ、傘などの身の回り品から、お菓子、パン、ゼリーなどの食料品まで幅広い商品が並べられていたが、用意した商品を早々と売りつくしてしまう組合員もあり大盛況となった。

     イベント会場では、保育園児によるマーチングや中学校吹奏楽部による演奏、その他サイコロゲーム、○×クイズ、チラシ持参抽選会、ビンゴ大会が行われた。特に1等賞品にシンガポール旅行が用意されたビンゴ大会は、大盛況となった。

     毎年売上金を「赤い羽根共同募金」へ寄付しているバザーブース(企業・従業員提供)は、お買得商品を求める人で開場早々から行列ができた。バザーブースの売上104,723円は山梨県共同募金会へ贈呈された。多くの方からご協力をいただきありがとうございました。

    第18回センターでバザールを開催します!【平成29年9月2日(土)開催】 [2017年8月23日]


     

    ◎年に一度の問屋市!「センターでバザール」を次の通り開催いたします。

    開催日時  9月2日(土)9:00~16:00

    開催場所  協同組合山梨県流通センター流通会館

          (〒409-3845 山梨県中央市山之神流通団地2-6-1)

    問い合わせ 055-273-4711

     

    ◎イベントのタイムスケジュール

     8:45  市立田富第一保育園児によるマーチングバンド演奏

     9:00  バザール開始

     9:15  田富中学校吹奏楽部演奏

    10:20  サイコロゲーム ※1

    12:00  〇×クイズ

    12:30  第1回目チラシ持参抽選会 ※2

    14:00  大ビンゴ大会

    15:00  第2回目チラシ持参抽選会 ※2

    16:00  バザール終了

    ※1 サイコロゲームの参加には10:00配布予定の整理券が必要です。

    参加人数に制限がありますので、ご注意ください。

    ※2 チラシ持参抽選会参加には、本部テントでの事前受付が必要です。

    ※3 働く車(クレーン車、パトカー、救急車、消防車)が大集合します。

    当日は組合員企業・他による靴、菓子、パン、傘、子供服、キッチンツール、バッグ、ネクタイ、和小物、インテリア用品等の販売に加え、飲食ブースも多数用意してあります。

    皆様のご来場をお待ちしております。

     


    ↓↓第18回センターでバザールのチラシはこちらをクリックして下さい↓↓

    ※こちらのチラシを印刷して、本部受付に持参し、抽選受付をされた方の中から抽選でプレゼントを差し上げます。
    抽選のお申し込みは1名様1枚までとさせていただきます。ご了承ください。

    ボウリング大会決勝大会が行われる [2017年7月11日]

     第21回流通センターボウリング大会が甲斐市の大統スターレーン双葉で行われた。今年度は6月13日、16日、22日、27日まで東西南北のブロック予選大会、7月11日には決勝大会が行われた。

     参加人数は19社から209人で、7月11日の決勝大会には4ブロックから24チームが参加し、白熱した戦いが繰り広げられた。

     試合の結果、団体の部ではむろい(株)Aが優勝し、2位は(株)文祥堂オフィスファシリティーズ、3位は甲信食糧(株)Aとなった。

     個人の部は伊藤明里さん(むろい(株))が2ゲームトータル424で優勝した。

     

    起震車訓練に組合員も参加 [2017年6月30日]

     6月30日(金)、組合員(株)オオキ様のご厚意により、同社で行われた起震車体験に組合員・準組合員も一緒に参加させていただき、震度7の地震が来た時にどのような状態になるか体験した。
     震度7の揺れになると、立つことはおろか、机の下に頭を入れて座り、机の脚に掴まっていることすら大変なのだと実感した。
     近年、日本全国で地震が起きており、山梨県でもいつ大地震が起きてもおかしくないと言われている。今回の体験は、参加者たちにとって改めて防災意識を見つめ直すきっかけになったようだ。いざという時も慌てずに行動しよう。

    ディズニーランドバスツアーが行われる [2017年6月24日]

     組合員、準組合員及び従業員とそのご家族を対象にしたディズニーランドバスツアーを6月24日(土)に実施した。参加者は10社から37人、小さな子どもたちが多く、にぎやかなツアーとなった。
     天候に恵まれ、とても暑い日だったので大変だったが、それぞれに楽しい思い出になったようだ。
     来年度も今年度同様の企画を計画しているので、今回参加出来なかった方は次回ご参加ください。

今後のスケジュール

  • 02.20 定例懇談会
  • 02.22 東部会
  • 03.05 正副理事会
  • 03.07 第2回次期役員推薦会議
  • 03.12 リサイクル・団地内一斉清掃

組合ニュース一覧(PDF)

ウェザーニュース